理想と現実…だから独身なんだよとなげく妹

私の親友の姉が結婚相談所に登録して半年くらいになります。名前は花子と言います(仮)。

今まで一度も彼氏がいたことのない37歳の花子は、とにかく理想が高いのです。まず、好きな芸能人はガクト。いわゆる王子様系です。今まで何度か結婚相談所の人から紹介を受けたもののNGを連発…あたし、背が低い人無理! デブとかありえない! 専業主婦希望だから、年収低いとか考えられないー!

そんな花子に妹は、お姉ちゃんにズバッと言うのです。自分のレベル考えなよ!結婚相談所もタダじゃないんだよ!と。(結婚相談所の月々の支払いは親が払っているのです)そんな妹に刺激を受けて、ついに男の人と会う事になる花子さん。 しかし…1時間で帰ってきてしまいました。

妹『えっ…帰ってくるの早くない?』
姉『お茶しただけだから。』
妹『どこでお茶したの?』
姉『マック! 全然楽しくなかったから帰ってきた。』

……
私の親友、絶句したそうです。

結婚相談所の人も、その人に見合った人を紹介するのです。マッチングの確率を上げるための一番の重要ポイントだと思います。(多分)その事を全然分かっていない花子さん。人にばっかり何かを求めていてはだめですね。結婚相談所の方の努力だけではどうにもならない現実を受け入れる事が、結婚に近づく一歩なんだと、私も親友も思うのです。

まずは街コンから始めてみた

現在26歳です。30歳までには結婚したい!いや、欲を言えば今すぐにでも結婚して子供が欲しい所です…。婚活、やはり何よりもまずは出会いだ!!!と思いできる限り出会いの場を作るようにしています。色んな人と出会い、もちろん彼氏もできたりしましたがお別れしてしまったりでなかなか結婚には程遠く…

婚活パーティーにはとても興味がありますが行ったことがなく、合コンも知り合いを誘って良くしていましたがレパートリーに限界がそろそろ来ている所でした。そんな時、友達と飲みに行った先に街コンのチラシが置いてありました。

試しに街コンに行ってみることに。すると居酒屋を貸切りで時間を分けて色んな男性とお話するのですが、私の人生で普通ではお話しないような方とお話できてとても楽しかったです!友達同士で合コンを開くとやはり系統(?)のような、似たようなタイプの男性と出会うことが多いのですが、街コンは様々な男性と出会うのでとても新鮮でした。

ですがメリットもありましたが、街コンは危機感のある方は少ないといいますか、付き合うを目的にしている方が多いかな?と思いました。私は結婚を目的にしているので、やはり付き合うの先を見ている方とお付き合いしたいな。と思いました。ですので次は婚活パーティーに行ってみようと思います!

婚活成功例4つ

私の知人たちの婚活成功例を上げてみたいと思います。

まず、恋愛で振られた人がいましたが、この人は1年くらいたってから友人としてその相手に近づき、そのまま飲みに行くようになって「これって付き合っているんですよね?」と尋ねて結婚へ至りました。振られたらひとまず諦めて、気分が落ち着いたころに会ってみると意外な効果が得られることもある。そんな感じでした。男性側とひとまわりくらい年が離れており、男性としては結婚願望がない、という状況ではあったようです。

それから、派遣社員の人は仕事と婚活を兼ねてみるのも手かもしれません。派遣先で知り合った人と結婚したという女性が周囲に結構います。脈が無ければ、次の派遣先で探せばよいのです。これは、女性の方が意図しなくても、男性会社員さんが結構期待していたりします。女性社員さんと職場恋愛・結婚というのは、避けたい男性が割といるからです。仕事の仲間として意識しているので、女性として見ると働きにくいのかもしれません。派遣さんとなら少しガードが緩み、今後のことも考えることが出来るのでしょう。真面目に働いている男性社員さんは案外出会いがないものです。男性から声をかけてくれることが多いです。

仕事を変えられないのなら、引っ越しをすると良い場合もあります。乗る電車が変わったり、立ち寄る店が変わったり、隣の住人が変わったり、新しい出会いが期待できるからです。うまく出会えれば、婚活業者さんにお金を払うより引っ越し代の方が割りが良いかもしれません。引っ越し屋さんとの出会いがすでにあるわけで、それ以前に賃貸の不動産屋さんと知り合うこともあります。誰にでも、気さくに接し感謝を示せば、それだけでも心が晴れて運が向いてくるようです。その土地に集まる人はそれなりに似た人が多いので、気の合う人と巡り合う可能性が高まります。

最後に、占いをやめる。どういうわけか、婚活が上手くいかない人は占いがすごく好きです。そして占いをやめた頃に良いご縁を得る人を見かけます。ただ神社へのお参りは別で、良いみたいです。友達同士より、一人でこっそり心を静めに行く方に運が向いているような気がします。