理想と現実…だから独身なんだよとなげく妹

私の親友の姉が結婚相談所に登録して半年くらいになります。名前は花子と言います(仮)。

今まで一度も彼氏がいたことのない37歳の花子は、とにかく理想が高いのです。まず、好きな芸能人はガクト。いわゆる王子様系です。今まで何度か結婚相談所の人から紹介を受けたもののNGを連発…あたし、背が低い人無理! デブとかありえない! 専業主婦希望だから、年収低いとか考えられないー!

そんな花子に妹は、お姉ちゃんにズバッと言うのです。自分のレベル考えなよ!結婚相談所もタダじゃないんだよ!と。(結婚相談所の月々の支払いは親が払っているのです)そんな妹に刺激を受けて、ついに男の人と会う事になる花子さん。 しかし…1時間で帰ってきてしまいました。

妹『えっ…帰ってくるの早くない?』
姉『お茶しただけだから。』
妹『どこでお茶したの?』
姉『マック! 全然楽しくなかったから帰ってきた。』

……
私の親友、絶句したそうです。

結婚相談所の人も、その人に見合った人を紹介するのです。マッチングの確率を上げるための一番の重要ポイントだと思います。(多分)その事を全然分かっていない花子さん。人にばっかり何かを求めていてはだめですね。結婚相談所の方の努力だけではどうにもならない現実を受け入れる事が、結婚に近づく一歩なんだと、私も親友も思うのです。